前へ
次へ

親の成年後見人になったときのお金の使い方

親は子供を育てるために自分の資産を使うでしょう。
子育てや教育費、その他結婚費用や住宅の費用を援助しようとする人もいるはずです。
もちろん親は自分の老後も考えないといけないのでそのためのお金も用意しようとします。
もし資産を残して死ねばそれは子供などの相続人に相続されていくでしょう。
親が認知症などになって正常な判断ができなくなるとき、成年後見人制度を利用しておくと資産を無駄遣いしたり変な業者に資産を売り渡したりすることがなくなります。
ただ成年被後見人の資産は将来的には子供に相続されるでしょうからそれを考慮した行動をとることもあるかもしれません。
成年後見人になったらまずは成年後見人としての行動を優先する必要があります。
つまりは将来自分のお金になるからと勝手に使うのではなく、その時に成年被後見人に必要な支出をするよう心がける必要があります。
自分のために使うようだと成年後見人としての役割を果たしていることにはなりません。

便利屋mission豊中支店

北嶋製靴工業所製の紳士靴通販ショップ

便利屋 神戸
生活をサポートする神戸の便利屋mission

Page Top